Vol.37 SPECIALIZED KENEVO SL

先日5月14日に発表になったばかりのe-BIKE(電動アシスト付きスポーツ自転車)。

SPECIALIZED KENEVO SLをご紹介します。

このバイクはオールマウンテンのジャンルにあたるダウンヒル寄りのマウンテンバイク「ENDURO」に電動アシストユニットを搭載したバイクです。

マウンテンバイクって「下りは楽しいけど、登りが大変なんだよね。」という人に乗ってもらいたいバイクです。登りはエスカレーターになるので、いつものトレイルを何本でも走れるようになります。いやむしろ登りすら楽しめるようになります。

フロントとリアにそれぞれ170㎜ものロングストロークサスペンションを搭載し、あらゆるトレイルを走破できるようセッティングされています。トレイル?近くにないな。。。と思っている人は間違えです。トレイルはどこにでもあります。例えば歩道と車道の間の段差や2~5段ほどの小さな階段。降りれる河川敷や堤防の斜面。このバイクに跨るとすべてのギャップや障害物が走るための遊具に見えてきます。家のまわりを30分も走れば十分満足できると思いますよ。170㎜ストロークを存分に働かせていろいろなギャップに挑戦してみてください。

オールマウンテンモデル「ENDURO」と同様のサスペンションシステムの下にSLモーターが内蔵されています

スペシャライズドのe-BIKEは世の中にあるe-BIKEの中で唯一自転車らしい・・・つまり本来自転車が持つ走り込む楽しみを残しつつ、なおかつモーターアシストの恩恵を最大限に活用できるバイクに仕上がっています。モーター出力が突然現れることなく、あくまでペダリングに対して踏み力を追加してくれるセッティングなので、スイッチバックで急に出力してラインが膨らむこともありません。

モーターの出力を抑えることはバッテリー消費を抑えることにも繋がります。つまり軽量なモーターとバッテリーを搭載することによりバイク自体を軽くすることができます。SPECIALIZED のe-BIKEが乗りやすいのはバイク自体の重量が他社に比べて3~5㎏も軽量であること要因のひとつになっています。

ライド中でも好みの出力に調整できるリモートコントローラーが手元にあります。
下側のレバーはドロッパーシートポストのリモートコントローラーです。
サイズは通常のS・M・L・・ではなく、S2・S3・S4となります。フレームサイズは全てSサイズとしトップチューブの長さが違う3段階(海外では5段階。S1とS5は日本未入荷)を選べます。背の高さというより好みのライディングに合わせてサイズを選ぶイメージです。

価格は1,210,000円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です