Vol.23 SPECIALIZED TARMAC SL6 COMP

今一番世間を騒がせているロードバイクと言えば、スペシャライズドのTARMAC。

7月末に新型のSL7が発売されて以来、即完売。今時点でも入荷の目途が立っていません。実は新型になったのはS-WORKSとEXPARTの上位2グレードで、COMP以下のモデルは従来のSL6を引き継いでいます。SL7が発売されてもなお褪せることのないSL6。今だから狙ってみるとよいと思います。SL6とSL7の一番の違いはケーブル類のルーティングです。新型SL7はエアロロードのVENGE譲りの内装が基本。つまり外観で配線やケーブル、ブレーキホース類が見えないように処理されています。この違いがどれほどのものか?鉛筆1本をケーブルに見たてて走る車の窓から外の風に当ててみると・・・40㎞/h程度でも後ろに飛んでいきそうになりますね。これがケーブルの空気抵抗です。1Wでも節約するために・・・1㎝でも前に出るために進化するロードバイクの開発においてこの空気抵抗は見逃せません。だから最近のロードバイクは各社ケーブルが隠れるようにルーティングされているわけです。

しかし、スピードが15㎞/h以下になる登坂などではその抵抗よりバイクの扱いやすさ(振り易さ)や軽さが効いてきます。乗りやすさ。扱いやすさ。メンテナンス性の高さこそが大事と考える人にはあえてのSL6です。

TARMAC SL6 COMPはまだまだ旧型ではありません。これから自転車をはじめる人にオススメできる高性能バイクです。

価格は340,000円(税抜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です