vol.7 GIANT DEFY Advanced 2

エンデュランスロードの進化が止まらない。

数年前までエンデュランスロードと言えば、レーシングバイクのホイールベースを伸ばし、ハンドルを高くしただけのヘンテコなバイクが多かったのですが、ここ数年、ディスクブレーキが普及したお陰でエンデュランスロードの立ち位置がはっきりしてきたようです。

GIANTの場合、アルミフレームのエンデュランスロードをきっぱり捨て、すべてAdvanced(カーボン)グレードのみに絞りました。

そもそもエンデュランスロードとは何か?というところですが、従来は初心者用の重くて遅いロードバイクというイメージでしたが、最近日本でもサイクリストの頂点がレーサーという図式が崩れ始め、スピードや競走ではなく、自分への挑戦を楽しんでいるサイクリストが増えてきました。それは走ったことのない距離だったり、行ったことのない場所だったり、一日の獲得標高だったり。

走る目的が「誰かとの競走」でなくなれば、最適なバイクはTCRやPROPELなどのシリアスなレーサーバイクではなく、一日走ってもまた次の日乗りたくなるような軽快で快適なエンデュランスバイクになるでしょう。

このDEFYはその「快適に走るための・・・」装備や性能がてんこ盛りなのです。

価格は250,000円(税抜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です