Vol.42 SPECIALIZED CRUX COMP vs cannondale SS EVO SE

今年発売された注目すべき2台のバイク

「SPECIALIZED CRUX」と「cannondale SupersixEvo SE]

この2台をグラベルロードバイクと言って片づけてしまうにはちょっと惜しいので

少しだけ説明しておきましょう。

まずはSPECIALIZED CRUX

2020年発売された快適・軽量ロードバイク「AETHOS」のテクノロジーを応用して生まれた

グラベルバイク。

AETHOSとは?昨今のディスク化+エアロ化でレーサーモデルがハイテク化していく中で、

多くのライダーが求める扱いやすくて高性能なバイクを最先端技術を駆使して作るという

テーマで生み出されたバイク。エアロコックピットやハンドル・ステム内にホースを

収めるなどの過度の装備を排し、最高の素材と最高の分析結果に基づくシンプルで

扱いやすいロードバイク。結果的に超軽量に仕上がったため、クライマーバイクのような

イメージがありますが、れっきとしたオールラウンダーです。

思い切った設計により、電動変速システムにしか対応しないということで価格がどうしても

ミドル・ハイグレードになっていました。

今回、新型CRUXを開発するにあたり、AETHOSにグラベルタイヤが履けるくらいのタイヤ

クリアランスを持たせ、同時に機械式変速システムにも対応するよう設計されています。

シルエットはAETHOSそっくりです。

続いてcannondale SupersixEvo SE

cannondaleのSupersixEvoと言えば、グランツールをはじめプロチームが使うオールラウンド

レーサーバイク。エアロ性能、軽さ、快適性能において世界トップクラスの性能を誇ります。

cannondaleのグラベルロードと言えばゼロピボットサスペンションを搭載したTopstoneが

有名ですが、踏み固められたフラットダートを高速巡行できるバイクとしてこのSEが

開発されました。名前の通りSupersixEvoをベースにエアロコックピットを排し、タイヤ

クリアランスを確保することにより40C以上のタイヤを装着することができます。

兄弟車にはSupersixEvo CXというシクロクロスバイクがあり、こちらはUCIのシクロクロス

ルールに則ったパーツ構成になっている以外、フレームの設計は共通です。

面白いことにSPECIALIZEDのCRUXも前作はシクロクロスバイクでしたので、この2台は

従来の設計の流れを一旦断ち切って、同時期に発売されたライバル車となってしまった

わけです。

価格は

SPECIALIZED CRUX COMP SRAM RIVAL・・・495,000円(税込)

cannondale SupersixEvo SE SRAM RIVAL e-Tap・・・594,000円(税込)

cannondale Supersix Evo CX SRAM RIVAL・・・495,000円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。