Vol.40 CHUMS ブービーバックプリント Tシャツ

大人気の定番Tシャツが届きました。

そのまま一枚で着たり、羽織ものの下に着たり使いやすく着回しがきくので毎日のワードロープとして何枚も持っていたいシャツです。

襟ぐりは狭すぎず広すぎず、綺麗に見えるちょうど良い広さです。

前から見ると胸にワンポイント「CHUMS」ロゴと横っ腹に小さくブービーバードがいるだけですが、バックには大きなブービーバードがプリントされています。

今年流行りのシンプルなデザインのTシャツです。

COTTON USA 100%素材で少し厚めのタフなTシャツです。

価格は4,290円

Vol.39 「CHUMS」の販売をはじめました

ポップな色使いと「ブービーバード」のキャラクターで人気のアメリカ生まれのアウトドアブランド「CHUMS」が入荷しています。

自転車をもっと身近に、普段の生活に馴染む「CHUMS」のアイテムで、自転車に応用できそうなものをたくさん用意しておりますので、手に取ってみてください。

どう使うかは・・・みなさまのひらめきに期待しています!

ボトルも、この通りカジュアルです。
ステンレスボトル320(2,750円)、ステンレスボトル550(3,300円)
S-WORKSにもぴったり収まります。真空二重構造ステンレスボトル320(2,750円)
練習会でなければこんなバッグで出かけたいですね(Small Banana Shoulder 5,060円)
バッグの中にはポーチが欲しいですね(Tidy Pouch 2,640円)
ブービーも連れて行けば心強いです(Booby Path Pouch 2,750円)
アウトドアギヤも拡充中
「CHUMS」で店内がにぎやかになりました

Vol.38 SPECIALIZED ROUVAIX

スペシャライズドのエンデュランスロードバイク「ROUVAIX(ルーベ)」が入荷しました。

エンデュランスロードとは?ルーベとは?簡単に説明しておきます。まずロードバイクと一言で言っても目的や性能によっていろんな種類があります。例えばランニングシューズの中にはウォーキング+αのものやトラックで使うもの、中距離、長距離。クッション性の良い物、軽い物。ロードバイクとは基本的に全て競技用ではありますが、軽くて登坂性能に優れるモノ。剛性が高くてスプリントに適しているモノ。エアロ性能が高く、高速巡行が得意なモノ。このROUVAIXは振動吸収性能が高く悪路を長時間乗っても疲れにくいバイクです。ではサイクリング用か?というとそうでもありません。先に述べたようにロードバイクは基本的に全て競技用です。ROUVAIXは舗装が悪く、距離が長いレース用に開発された競技用バイクです。

「ROUVAIX」とはフランス北部の町の名前。サイクリストの間では「パリ-ルーベ」というレースで有名です。パリからルーベまで250㎞以上走るレースですが、その工程には無数にパヴェ(石畳)区間があり、ライダーにも機材にも耐久性が求められます。そのレースの名前を冠したこのバイクは言うまでもなく「パリ-ルーベ」で勝つためのバイク。

身体とバイクが繋がるハンドルとサドル周りには他のロードバイクにはないギミックが入っています。ますハンドルの付け根部分にはFUTURE SHOCKというサスペンションが入っています。これにより悪路でバイクが暴れてもライダーはバランスを崩すことなくペダリングに集中できます。シート部分はシートポストをフレームの奥の部分で固定してあり、シートポスト全体がしなるように作ってあります。

ステムの下にはサスペンションが入っています
シートピラーはシートステー直上で固定されています

フレーム自体はTARMAC譲りの高剛性で廉価モデルでもFACT10Rのカーボンを使っており、軽さ、反応性は申し分ありません。エンデュランスロードは走らない・・・という概念はこのバイクに限ってはまったくありません。

速いバイクが快適で何がわるい!!

特に日本の超ショートなロードレースにぞっこんでなければ、このバイクがBEST BUY!だと思います。

今回入荷したこのROUVAIXは当店の試乗車兼レンタサイクルとしてしばらく活用しますので、この機会にぜひ一度堪能してみてください。

Vol.37 SPECIALIZED KENEVO SL

先日5月14日に発表になったばかりのe-BIKE(電動アシスト付きスポーツ自転車)。

SPECIALIZED KENEVO SLをご紹介します。

このバイクはオールマウンテンのジャンルにあたるダウンヒル寄りのマウンテンバイク「ENDURO」に電動アシストユニットを搭載したバイクです。

マウンテンバイクって「下りは楽しいけど、登りが大変なんだよね。」という人に乗ってもらいたいバイクです。登りはエスカレーターになるので、いつものトレイルを何本でも走れるようになります。いやむしろ登りすら楽しめるようになります。

フロントとリアにそれぞれ170㎜ものロングストロークサスペンションを搭載し、あらゆるトレイルを走破できるようセッティングされています。トレイル?近くにないな。。。と思っている人は間違えです。トレイルはどこにでもあります。例えば歩道と車道の間の段差や2~5段ほどの小さな階段。降りれる河川敷や堤防の斜面。このバイクに跨るとすべてのギャップや障害物が走るための遊具に見えてきます。家のまわりを30分も走れば十分満足できると思いますよ。170㎜ストロークを存分に働かせていろいろなギャップに挑戦してみてください。

オールマウンテンモデル「ENDURO」と同様のサスペンションシステムの下にSLモーターが内蔵されています

スペシャライズドのe-BIKEは世の中にあるe-BIKEの中で唯一自転車らしい・・・つまり本来自転車が持つ走り込む楽しみを残しつつ、なおかつモーターアシストの恩恵を最大限に活用できるバイクに仕上がっています。モーター出力が突然現れることなく、あくまでペダリングに対して踏み力を追加してくれるセッティングなので、スイッチバックで急に出力してラインが膨らむこともありません。

モーターの出力を抑えることはバッテリー消費を抑えることにも繋がります。つまり軽量なモーターとバッテリーを搭載することによりバイク自体を軽くすることができます。SPECIALIZED のe-BIKEが乗りやすいのはバイク自体の重量が他社に比べて3~5㎏も軽量であること要因のひとつになっています。

ライド中でも好みの出力に調整できるリモートコントローラーが手元にあります。
下側のレバーはドロッパーシートポストのリモートコントローラーです。
サイズは通常のS・M・L・・ではなく、S2・S3・S4となります。フレームサイズは全てSサイズとしトップチューブの長さが違う3段階(海外では5段階。S1とS5は日本未入荷)を選べます。背の高さというより好みのライディングに合わせてサイズを選ぶイメージです。

価格は1,210,000円(税込)

Vol.35 夏物いろいろ入荷

いつの間にか天気図には梅雨前線が現れ、今年の梅雨はいつもより早く終わりそうですね。

GoodSelectBicyclesでは夏を先取りしたウェアやグローブ、ソックスなどを取り揃えてみました。入荷が不安定な今だからこそ・・・早めにGETしておいてください。

あわせて店内リニューアルしております。既存の商品もご覧いただきやすくなりました。

S-WORKSシューズ、人気の「7」や「7の限定カラー」「EXOS]など手に取って質感など確認してください。
サイズ違いはお取り寄せいたします
S-WORKS TARMAC SL7のフレームセット(605,000円)在庫あります
TARMAC SL7 COMP(SRAM RIVAL AXS完成車 517,000円)も近日入荷予定
サドルやボトルケージ、チューブなど各種取り揃えております
人気の「TURBO」「TURBO COTTON」在庫有ります

ご来店心よりお待ちしております。

Vol.33 SPECIALIZED HOTFOCK20

スペシャライズドのキッズバイク「HOTROCK」です。

この自転車にはお子様が自転車を好きになる要素がたくさん含まれています。

まずはデザイン。迫力ある20×2.1インチの本格オフロードタイヤに40㎜ストロークのサスペンション。目を引くフレームカラーは小さいながらも存在感があります。

設計・コンポーネント選びもしっかりしており、お子様でも扱いやすいパーツが選ばれています。例えば少し下側にベンドしたトップチューブは小さいお子様の足つきがよく、恐怖感がありません。またブレーキレバーはピボットがハンドルバーに近く設定された子供用デザインなので、手の小さいお子様でもしっかりブレーキをかけることができます。

ブレーキは前後Vブレーキ採用。チェーンには脱落防止のデバイスが装着されているので少しぐらいハードに扱っても遊び先でトラブることもないでしょう。

20インチは小学校入学前に購入して、4年生くらいまで十分に使えますので子供車の中では一番長く使えるサイズだと思います。子供の身体能力が一番発達する時期にしっかりしたMTBに乗らせてみませんか?

価格は38,500円(税込)

Vol.31 SPECIALIZED CHISEL LTD フレームセット

スペシャライズドのエントリーMTB「CHISEL(チゼル)」の限定フレームセットが入荷しました。

エントリーMTBと言っても価格がエントリーグレードなだけで、中身は十分レースで戦えるスペックを有しており、29インチのホイールと寝かされたヘッドアングルにより登りも下りもストレスなく走れます。

完成車で買うのが手っ取り早いですが、フレームセットで手に入れて「パーツ何にしよう~」と考えている時間も楽しいですね。

価格は165,000円(税込)

Vol.30 Future Shock 2.0(SPECIALIZED)

SPECIALIZEDの「ROUBAIX」や「CREO」「DIVERGE」に搭載されているFuture Shockとはなんぞや?という疑問についてお答えしていきます。

簡単に言うとステムの下にサスペンションを埋め込んで路面からの振動を吸収させ、ペダリングに集中できるようにしようという装置です。もちろんSPECIALIZEDだけの独自設計です。

分解すると下の写真のようになります。

ベアリングサイズは上が1-3/8。下が1-1/2なので、どの自転車にも流用できるわけではありません。特に上が1-3/8のフレームなんてなかなかないですね。ということでやはりSPECIALIZED専用ということになります。

ステムにダンパーやサスを組み込むシステムは30年前にはすでにありましたが、ハンドリングに剛性不足を感じたりダンシングのリズムが難しくなったりと・・・わりとデメリットもあり一般化しませんでした。

SPECIALIZEDはこのFuture ShockをS-WORKSを含む上位モデルには2.0を。下位モデルには1.0を搭載しています。2.0は油圧ダンパー(ロックアウト可)になっており1.0はスプリング式で共に20㎜ストローク。

重くなるのでは?と心配する人のために測定してみました。

フォークにショックユニットを搭載した状態で770g。CREOのフォークなので一概に比較はできませんがグラベル用のフォークなら500gくらいはあると思うので追加重量はわずか300g。

Future Shock単体の重さは337g。恩恵を考えるとかなり優秀な装置と言えます。

特にe-Bikeなどの重量級のバイクは抜重などで衝撃を逃がしにくいのでmustアイテムと言えるでしょうね。

vol.29 SPECIALIZED CREO SL COMP(e-BIKE)

「今年はe-BIKE元年だ!」と言い続けて早3年程経ったと思いますが、2020年春SPECIALIZEDのe-BIKE「TURBOシリーズ」の登場により、ようやくe-BIKEが動き始めたと実感しています。

e-BIKEの出始めは30万円超えが当たり前で、少しずつ安くなっていくことを期待して買い待ちされている方が多かったと思います。しかしSPECIALIZEDのe-BIKEは33万円から。メイン機種はロードタイプのCREO SL COMP(72万円)。ロードバイクとしても高額と言える70万円超えのバイクがどうしてこんなに売れるか。

それはSPECIALIZEDのe-BIKEが他社に比べて圧倒的に軽く、アシストのフィーリングがとてもナチュラルで、あたかも自分の足でペダルを漕いでいるかのような感覚になれるからです。スポーツバイクを乗る以上(アシストは欲しいが)あくまで自力で走っている感覚は大事。このCREOシリーズはわずか3㎏ちょっとの電動ユニットを抱えるだけで実業団選手並みのパワーを好きな時に好きなだけ使えるところが魅力。

アシスト領域は日本仕様で24㎞/hまで。10㎞/hまでは踏力の2倍を上乗せしてくれて、10㎞/hを超えると24㎞/hまで少しずつアシスト力が下がるようにプログラムされています。パワーモード、ノーマルモード、エコモードの出力特性を上記の範囲内でカスタムできることろも面白い。

vol.28 GIANT GRAVIER

ジャイアントのクロスバイクと言えば、ESDAPE R3が有名ですがここ数年人気が急上昇していえるバイクがこの「グラビエ」です。

フレームには軽量なALLUX-GRADEのアルミを採用しています。よく見るとフレームを構造しているパイプは前側に向かって太くなっているのがわかります。別の角度から見るとペダルの軸の方に向かって横方向に太くなっています。これは少ない材料でハンドル周りとペダル周りに十分な剛性を持たせ、軽量でしっかりした走り心地を作るためにロードバイク等で採用されるデザインです。

スポーツバイク専門メーカーだからできることです。クロスバイクとしては太めのタイヤ(27.5×1.75)を搭載しているにも関わらず車体重量は11.2㎏と軽量。

スポーツバイクには興味あるけど、細いタイヤには自信がないな。という方から絶大の支持を集めています。

価格は57,200円(税込)