Vol.30 Future Shock 2.0(SPECIALIZED)

SPECIALIZEDの「ROUBAIX」や「CREO」「DIVERGE」に搭載されているFuture Shockとはなんぞや?という疑問についてお答えしていきます。

簡単に言うとステムの下にサスペンションを埋め込んで路面からの振動を吸収させ、ペダリングに集中できるようにしようという装置です。もちろんSPECIALIZEDだけの独自設計です。

分解すると下の写真のようになります。

ベアリングサイズは上が1-3/8。下が1-1/2なので、どの自転車にも流用できるわけではありません。特に上が1-3/8のフレームなんてなかなかないですね。ということでやはりSPECIALIZED専用ということになります。

ステムにダンパーやサスを組み込むシステムは30年前にはすでにありましたが、ハンドリングに剛性不足を感じたりダンシングのリズムが難しくなったりと・・・わりとデメリットもあり一般化しませんでした。

SPECIALIZEDはこのFuture ShockをS-WORKSを含む上位モデルには2.0を。下位モデルには1.0を搭載しています。2.0は油圧ダンパー(ロックアウト可)になっており1.0はスプリング式で共に20㎜ストローク。

重くなるのでは?と心配する人のために測定してみました。

フォークにショックユニットを搭載した状態で770g。CREOのフォークなので一概に比較はできませんがグラベル用のフォークなら500gくらいはあると思うので追加重量はわずか300g。

Future Shock単体の重さは337g。恩恵を考えるとかなり優秀な装置と言えます。

特にe-Bikeなどの重量級のバイクは抜重などで衝撃を逃がしにくいのでmustアイテムと言えるでしょうね。

vol.29 SPECIALIZED CREO SL COMP(e-BIKE)

「今年はe-BIKE元年だ!」と言い続けて早3年程経ったと思いますが、2020年春SPECIALIZEDのe-BIKE「TURBOシリーズ」の登場により、ようやくe-BIKEが動き始めたと実感しています。

e-BIKEの出始めは30万円超えが当たり前で、少しずつ安くなっていくことを期待して買い待ちされている方が多かったと思います。しかしSPECIALIZEDのe-BIKEは33万円から。メイン機種はロードタイプのCREO SL COMP(72万円)。ロードバイクとしても高額と言える70万円超えのバイクがどうしてこんなに売れるか。

それはSPECIALIZEDのe-BIKEが他社に比べて圧倒的に軽く、アシストのフィーリングがとてもナチュラルで、あたかも自分の足でペダルを漕いでいるかのような感覚になれるからです。スポーツバイクを乗る以上(アシストは欲しいが)あくまで自力で走っている感覚は大事。このCREOシリーズはわずか3㎏ちょっとの電動ユニットを抱えるだけで実業団選手並みのパワーを好きな時に好きなだけ使えるところが魅力。

アシスト領域は日本仕様で24㎞/hまで。10㎞/hまでは踏力の2倍を上乗せしてくれて、10㎞/hを超えると24㎞/hまで少しずつアシスト力が下がるようにプログラムされています。パワーモード、ノーマルモード、エコモードの出力特性を上記の範囲内でカスタムできることろも面白い。

vol.28 GIANT GRAVIER

ジャイアントのクロスバイクと言えば、ESDAPE R3が有名ですがここ数年人気が急上昇していえるバイクがこの「グラビエ」です。

フレームには軽量なALLUX-GRADEのアルミを採用しています。よく見るとフレームを構造しているパイプは前側に向かって太くなっているのがわかります。別の角度から見るとペダルの軸の方に向かって横方向に太くなっています。これは少ない材料でハンドル周りとペダル周りに十分な剛性を持たせ、軽量でしっかりした走り心地を作るためにロードバイク等で採用されるデザインです。

スポーツバイク専門メーカーだからできることです。クロスバイクとしては太めのタイヤ(27.5×1.75)を搭載しているにも関わらず車体重量は11.2㎏と軽量。

スポーツバイクには興味あるけど、細いタイヤには自信がないな。という方から絶大の支持を集めています。

価格は57,200円(税込)

vol.27 あけましておめでとうございます。

2021年がはじまりました!今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

年末から外装の工事をDIYしており、だいぶ完成が近くなってきました。(右側のフェンス)

2014年のOPEN当初、店舗横は広いウッドデッキになっておりサイクリングの休憩場所として

お客様が集う場所になっていましたが、だいぶデッキが傷んでいましたので、

思い切ってリニューアルすることにしました。

年末の悪天候や資材の遅れ等で、思ったより作業が進んでおりませんが、スタッフが交代で

少しずつ形を作っていますのでお楽しみください。

春には・・・

Vol.25 GIANT ESCAPE R3 W

GIANTの女性用ブランド「Liv」のクロスバイク。人気シリーズESCAPE R3を女性用にアレンジ。サイズを小さくしただけではなく小柄な女性が乗りやすい姿勢を作れるように調整されています。

価格は52,000円(税抜)

Vol.24 SPECIALIZED ALLEZ E5 SPORT

スペシャライズドのエントリーグレードのロードバイクALLEZ。

アレーはフランス語で「行け!!」という意味だそうです。とにかくロードバイクを手に入れてぶっ飛ばしてみたい人は、これです。細かいことは考えず、色と直感で選んで吉。

このバイクにはキャリアダボが装備されているので、荷台を付けてちょっとした旅用にすることもできるし、ホイールやコンポーネントを替えてレース仕様にアレンジすることもできます。

とにかく深く考えず、自転車はじめませんか?

価格は105,000円(税抜)

Vol.23 SPECIALIZED TARMAC SL6 COMP

今一番世間を騒がせているロードバイクと言えば、スペシャライズドのTARMAC。

7月末に新型のSL7が発売されて以来、即完売。今時点でも入荷の目途が立っていません。実は新型になったのはS-WORKSとEXPARTの上位2グレードで、COMP以下のモデルは従来のSL6を引き継いでいます。SL7が発売されてもなお褪せることのないSL6。今だから狙ってみるとよいと思います。SL6とSL7の一番の違いはケーブル類のルーティングです。新型SL7はエアロロードのVENGE譲りの内装が基本。つまり外観で配線やケーブル、ブレーキホース類が見えないように処理されています。この違いがどれほどのものか?鉛筆1本をケーブルに見たてて走る車の窓から外の風に当ててみると・・・40㎞/h程度でも後ろに飛んでいきそうになりますね。これがケーブルの空気抵抗です。1Wでも節約するために・・・1㎝でも前に出るために進化するロードバイクの開発においてこの空気抵抗は見逃せません。だから最近のロードバイクは各社ケーブルが隠れるようにルーティングされているわけです。

しかし、スピードが15㎞/h以下になる登坂などではその抵抗よりバイクの扱いやすさ(振り易さ)や軽さが効いてきます。乗りやすさ。扱いやすさ。メンテナンス性の高さこそが大事と考える人にはあえてのSL6です。

TARMAC SL6 COMPはまだまだ旧型ではありません。これから自転車をはじめる人にオススメできる高性能バイクです。

価格は340,000円(税抜)

Vol.22 SPECIALIZED Vado SL 4.0

スペシャライズドのe-Bikeは他社とは全く異なる発想で作られています。電動アシストを選ぶ際、出力はどのくらい?何キロ走れる?というところに注視しがちですが、実際どのくらいの出力が必要でバイク自体どうあるべきかを深く掘り下げた結果スペシャライズドは最大240W、トルクは35Nmと設定しました。この出力を出すために必要なパワーは自力で120W。合計で最大360Wを発揮します。もちろん200Wで踏み込めば440Wになるわけです。

ロードバイクにパワーメーターを付けている人はよくわかると思いますが、360Wで坂を上れればこのあたりの山は全てKOMを獲ることができるでしょう。ちなみに120Wの自力は無風の平地を時速20㎞/h程度で走っている時の負荷を想像してもらえればよいと思います。

つまりモーターアシストは240Wで十分ということです。かつてスペシャライズドのe-Bikeは500W以上モーターを搭載していた時期があります。そこから余分な出力を削って現在の240Wに落ち着いたわけです。

小さなモーターにすることで、フレームのジオメトリーを限りなくペダルバイク(電動ではない従来のバイク)に近くすることができ、小さなモーターは消費電力も少なくバッテリーも小型化。結果アシストユニット全体で約3㎏に抑えることができバイク自体も軽量化できるわけです。このVado SL 4.0は実測で15.8㎏でした。

重量・出力はともかく、e-Bikeは楽しいのか??という疑問が次に湧いてくると思います。これについては3年以上メーカーの担当者や他店の店長と議論してきましたが、ようやくここにきてe-Bikeの遊び方がわかってきた気がします。

それはご来店いただいた時に試乗車をつかってゆっくりお伝えします。

価格は330,000円(税抜)~

Vol.21 SPECIALIZED STAMPJUMPER COMP CARBON

スペシャライズドのMTBと言えばスタンプジャンパーと言えるくらい歴史があり定番なバイクです。ここ最近の細分化でMTBもかなりの種類ありますがこのバイクはトレイルで遊ぶのに最も有効なアイテムです。高級バイクはとかくレース志向になりがちですが本来のマウンテンバイクは人と競うのではなく、地形や天候に挑戦する愉しみとバイクを操っている感覚を楽しむものだと考えます。同じコースでも毎日変化する条件に対しスタンプジャンパーは扱いやすく、安全に走らせることができるバイクです。

クロスカントリーバイクほど繊細ではなく、ダウンヒルバイクのように重厚でもない、登りも登れて下りも下れる万能バイクです。

そんな性格のバイクをスペシャライズドはレースで培った技術を惜しげもなく投入して作っています。

アルミモデルなら176,000円(税抜)~